しょっちゅう汗を拭き取って垂れてこないよう対応

私自身は汗かきな体質ではないのですが、現場仕事なので夏場は汗で困ることが多いです。

暑くて汗が出るのはしょうがない事ですが、最も嫌なのは目に入る事なのです。

またわたしはメガネをかけている為、目に汗が入ってしまうと、眼鏡を取り外してから拭かなきゃならないのですごく嫌気がさします。

汗が流れ落ちないようにタオルを鉢巻のように巻いたり、しょっちゅう汗を拭き取って垂れてこないよう対応していますが、そうしていても大量に汗をかくのでしょっちゅう仕事を中断して汗を拭っています。

汗を抑えるには水分の摂取量を減らせば自ずと汗の量が少なくなることは分かりますが、夏場は何といっても水分の補給はちゃんとしないといけないし、それに仕事が外だった場合どうしても水分摂取量は増えます。

現在では風を通しやすいインナーや作業服が売っているので、汗でベチョッとするようなことはなくなりましたが、顔から汗が出て流れるのは如何にもできないため、夏という暑い時期に外仕事するのは凄く辛いですね。

自分自身は中学のころから、ワキ汗のシミがとても気になるようになりました。

中学も高校も制服は白い色のシャツだったので、汗ジミが気になるので嫌で仕方ありませんでした。

今になっても白いシャツやTシャツを着るのを避けるようにしてしまいます。

汗でシャツの色が黄ばむたびに、漂白剤を使って必死に白く戻しています。

こんなことは毎日だととっても煩わしいです。

学生時代は親にやって貰っていましたが、働くようになれば自分でやらなければなりませんし。

わき汗用シートを使用してもずれてしまったり汗染みがはみ出したり、何より透けて見えてしまうのが嫌だと思い、使っていません。

デオドラントスプレーは毎日やっていますが、それでも季節問わず脇に汗をかいてしまいます。

一番汗をかくのは暑い季節になりますが、寒い時期も暖房の効き過ぎで汗が出てきたり、緊張したり焦ったりするとすぐさまたくさんの汗が出てくるのです。

勤め先では自由な格好なので、極力白い洋服を避けるようにしています。

グレー色もわきの汗がバレるので、避けるようにしているのです。

本当にわき汗には困ります。

世の中には綺麗そうなイメージのあるスポーツ後の汗ですが、やはり夏場にかくような汗はキライです。

考えてみたら、暑い夏が近づくとテレビCMなどでデオドラントの新発売が紹介されるのも、私と同じように汗の対処法に頭を悩ませている人が大勢いるからなのでしょうけど、いろんなタイプや香りが存在しているので、選ぶことが出来なくて、簡単に拭ける使い切りの物を選んでしまいます。

元より、夏はそれだけではムリです。

ショッピングサイトで凄く可愛いパッケージのデオドラントを見つけて、海外メーカーの直接塗るタイプのデオドラントを買ってみたことがあります。

香りが強くて、わたしはなじめませんでした。

いちばん不安な事は、自分が匂う以上に「周囲にあたしの汗臭をまき散らしているんじゃないか」や「もしかしたらクサいのかも」なんて思うのです。

暑さもバテるので、出来るだけ外出しなくても良い日は家にいたいと思うのです。

快適に過ごせる部屋でのんびりしたくなります。

頭からも汗をかくので、冷感の強いシャンプーを使っているのですが、これも鬱陶しい汗です。

頭皮から出る汗は大量です。

あとちょっとで、汗と戦う夏が来るので憂鬱になります。

働きだすと沢山いる人前で話をしないといけない時など、すごく緊張するような場面が多々あります。

自分の場合はそんな時は取り立てて暑い日じゃないのに汗が出てくるのです。

周りの人の視線がひたいに垂れる汗に集結しているように感じてしまい、おさまってと思うほど発汗してしまうのです。

汗が出るのが凄く嫌で、ひたいに汗をかいて髪に付くともう大変です。

髪型が崩れていないか心配してしまいそれどころじゃなくなるのです。

そうなるとわたしは、水分をあまり取らない様に(限度を超えない程度で)心掛けています。

効果あるかどうか知りませんけど。

それと、汗をかいても分からない服装でプレゼンするようにしています。

シャツの色や生地です。

「中には、私と同じように汗の悩みがある人がいると思うのですけど、見られていると思えば思うほど汗をかいてしまう為なにか良い解決方法があれば誰か教えてー!」と言いたくなるほど悩んでいます。

そういうことに慣れさえすれば改善されるかも知れないので、マイペースで汗に向き合っていこうと思います。